カードローンの総量規制外で即日融資をするには

カードローンを提供する金融機関は大きく分けると消費者金融会社と銀行が挙げられます。
消費者金融会社は貸金業として登録する必要がある企業なので、貸金業法という法律が適用されます。
貸金業法では総量規制という貸金業に登録してある企業に対して課せられる年収の三分の一を超えるような金額を貸し出してはいけないという決まりに従う必要があります。
大手の消費者金融会社は、サービス競争が激しくなっているので、融資のスピード化が図られていて、ほとんどが即日融資が可能となっているのですが、総量規制がかけられているので、申し込む人の年収の金額によっては、なかなか期待するような借り入れ限度額にならないということがあります。
しかし、銀行は貸金業ではないの、貸金業法ではなく、銀行法に従って営業を行えばよいので、総量規制外のカードローンのサービスを提供することができます。
かつては銀行は融資スピードが遅かったのですが、近頃は融資のスピード化が図られて即日融資に対応した銀行も増えてきています。
しかも、銀行は総量規制外なので、審査結果にもよりますが、年収に関わらず高い金額の借り入れ限度額を設定することができるようになります。
そして、銀行が提供できるサービスでは消費者金融会社より高い限度額のカードローンを提供していることが多いので、総量規制が対象外であることのメリットを最大限に生かしてお金を借り入れることが出来るようになります。
総量規制とは | 貸金業法についてはこちら

#総量規制外 カードローン